保物セミナー2007 要旨集
プログラム
テーマ1 危機管理体制
座 長  栗原紀夫
日本の危機管理体制について 
エネルギー政策研究所所長
 神田啓治
日本の原子力防災について 
原子力安全委員会事務局管理
環境課長 青木 昌浩
放射線源の安全確保とセキュリティー
日本アイソトープ協会業務二課
 課長 木村俊夫
テロ対策に用いられている装置について
ポニー工業葛Z術副本部長 
藤本真也
テーマ2 倫理・隠蔽・改ざん問題
座 長  大阪大学大学院教授 
飯田敏行

原子力と技術倫理
京都大学名誉教授 西原英晃
臨界事故の衝撃と対策
原子力安全システム研究所
技術システム研究所所長 
木村逸郎
「原子力・放射線」界の信頼確保に向けて
フジサンケイ月刊エネルギー
編集顧問 山名康裕
テーマ3 ボイリング・ディスカッション
コーディネータ 豊田亘博
テーマ4.電磁界に対するWHOの環境保健クライテリア
座 長 大阪大学名誉教授 
山本幸佳
基調講演
電磁界による健康影響(WHOの報告)
明治薬科大学大学院 教授
 大久保千代次
電磁界と健康-細胞・動物研究-
弘前大学大学院 教授 宮越順二
電磁界と健康 -疫学研究-
東京女子医科大学 教授 山口直人
 テーマ 5.原子力分野における人材育成
モデレータ
鞄本ネットワークサポート社長 岸田哲二

原子力人材確保の現状と課題    
 鞄本ネットワークサポート
社長 岸田哲二
東京大学における原子力教育    
 東京大学大学院教授 小佐古敏荘
原子力教育と原子力ルネッサンス
大阪大学大学院 教授 竹田敏一
京都大学原子炉実験所の原子力人材育成 
京都大学原子炉実験所 
教授 三島嘉一郎
近畿大学原子力研究所における
原子力教育  
近畿大学原子力研究所所長 
伊藤哲夫
福井県における原子力教育  
若狭湾エネルギー研究センター常務理事
 来馬克美
テーマ6 特 別 講 演
司 会 大阪大学名誉教授 宮崎慶次
新潟県中越沖地震と原子力発電施設の耐震対策について
経済産業省 原子力安全・保安院首席統括安全審査官 福島 章
テーマ 7.線量概念と測定の最前線 
座  長  
藤田保健衛生大学大学院 
教授 下 道国

基調講演 線量概念の問題点
神戸大学大学院 教授 
小田啓二
ICRP新勧告による外部被ばく線量評価日本原子力研究開発機構 
吉沢道夫
ICRP新勧告による内部被ばく線量評価名古屋大学医学部 
教授 
石榑信人
線量測定の最前線 その1         叶迹纉cテクノル 寿藤紀道
線量測定の最前線 その2        日本原子力研究開発機構 
木名瀬 栄