保物セミナー2013
(要旨集)
保物セミナー2013プログラム・概要
開会の挨拶
  保物セミナー2013実行委員会委員長
  辻本 忠

テーマ 1
 低線量放射線の人体影響
座 長 齋藤眞弘 (京都大学名誉教授)
低線量影響とDNA 修復
‐良い修復と悪い修復‐
小松賢志(京都大学放射線生物研究センター教授)
低線量放射線のリスクを考える
伴 信彦(東京医療保健大学教授)
福島農産物における現環境下での放射性セシウム動態
二瓶直登(東京大学大学院農学生命科学分野准教授)
特別講演 
  最新の放射線安全行政の動向
座 長 飯田敏行 (大阪大学教授)
   南山力生 (原子力規制庁 放射線規制室室長)

テーマ2
東京電力福島第一原発事故とリスクコミュニケーション
大阪科学技術センター電磁界調査研究委員会企画行事
挨 拶 山本幸佳 (大阪大学名誉教授)
座 長 西沢邦秀(名古屋大学名誉教授)

福島第一原発事故後の放射線に関するリスクコミュニケーション活動
菖蒲順子(日本原子力研究開発機構東海研究開発センターリスクコミュニケーション室)
福島第一原発事故後の放射線に関する原子力専門家としての情報発信
諸葛宗男(日本原子力学会社会・環境部会部会長)
リスクコミュニケーションとクライシスコミュニケーションの心理学
土田昭司 (関西大学社会安全学部教授)

テーマ3
福島復興への取り組みと放射線防護上の課題
 座 長 下 道國 (藤田保健衛生大学客員教授)
指定廃棄物処理の現状と課題
岩崎宏和
(環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部
日本原子力研究開発機構 における福島復興への取り組み
石田順一郎( 日本原子力研究開発機構 福島技術本部
福島環境安全センター長 )
コメンテータ
藤川陽子 (京都大学原子炉実験所 准教授 )
  長岡 鋭(高輝度光科学研究センター 安全管理室長 )
閉会の挨拶 
実行委員会 副委員長
 山本 幸佳
(大阪大学名誉教授)
ボイリングディスカッション
スナップ写真