保物セミナー2014
(要旨集)

開会の挨拶
  保物セミナー2014実行委員会委員長
  辻本 忠

テーマ 1
テーマ1:福島復興に向けた取り組みと放射線防護上の課題Ⅲ
―福島県における住民の線量評価 ―
座 長 :山西弘城 近畿大学原子力研究所 教授

土壌に分布する放射性セシウムに対する公衆の線量換算係数
佐藤大樹 日本原子力研究開発機構 研究副主幹
日常生活における個人線量の活用例
   ①川俣町における報告
細野 眞 近畿大学高度先端総合医療センター 教授
②伊達市における報告 菅野康弘 
伊達市役所健康福祉部健康推進課
住民の個人線量の推計
矢島千秋 放射線医学総合研究所 主任研究員
NPO安全安心科学アカデミー企画
特別講演 
   最近の安全規制と規制の現状      
座 長 :飯田敏行 大阪大学 教授
講演者 :松本武彦 原子力規制庁 放射線規制室 放射線検査管理官 

テーマ2
近畿大学原子力研究所 企画
テーマ2:近藤宗平先生 追悼講演 ― 近藤宗平先生は我々に何を残したか ―
挨 拶 :伊藤哲夫 近畿大学原子力研究所 所長
座 長 :小田啓二 神戸大学 教授

近藤先生とガラス線量計
細田敏和 ㈱千代田テクノル 会長
近藤先生と放射線遺伝研究
藤川和男 近畿大学 教授
近藤先生と放射線ホルミシス研究
田ノ岡宏 元国立がんセンター
近藤先生とNPO安全安心科学アカデミー
辻本 忠 NPO安全安心科学アカデミー 理事長

テーマ3
大阪科学技術センター企画
挨 拶 :山本幸佳 大阪大学名誉教授
(電離界に関する調査研究委員会委員長)
リスクと確率について考える
 ―ひとりひとりがリスクと向き合うために
座 長 :竹下達也 和歌山県立医科大学 教授
コメンテーター :甲斐倫明 大分県立看護科学大学 教授

科学情報のリスクコミュニケーションにおける課題
広田すみれ 東京都市大学メディア情報学部 教授
安全と基準~環境分野と放射線防護分野におけるリスク受容とその管理~
村上道夫 東京大学生産技術研究所 特任講師
ボイリングディスカッション
―福島原子力発電所で何が起こったかー
司 会:豊田亘博 大阪大学特任研究員
講演者:吉澤厚文 原燃輸送㈱ 社長

 
ボイリング・ディスカッション2
   スナップ写真

保物セミナー2014プログラム・概要