平成24年度保物セミナー
平成24年度保物セミナープログラム・概要
開会の挨拶
  平成24年度保物セミナー実行委員会委員長
  辻本 忠

テーマ 1
 福島復興への取り組みと放射線防護上の課題
環境モニタリングの経験と環境回復のための
取り組みについて

片寄久己 福島県生活環境部水・大気環境課長
オフサイトにおける環境修復の取り組みと課題
時澤孝之日本原子力研究開発機構 福島技術本部技術主席
東京電力兜沒第一原子力発電所1〜4号機の廃止処置等に向けた中長期ロードマップ進捗状況
菅井研自
東京電力褐エ子力運営管理部部長代理
遠隔放射線測定技術の開発と適用
―点から面の測定―

眞田幸尚 日本原子力研究開発機構 福島技術本部主査
コメンテータ 茶山秀和 氏 
前原子力被災者生活支援チーム 
特別講演 
最新の放射線安全行政の動向
南山力生 文部科学省放射線規制室室長
テーマ2
リスクコミュニケーション
〜科学者とマスコミの役割〜
挨拶 山本幸佳 大阪大学名誉教授
座長 宮越順二 京都大学特定教授
放射線の生体影響(総括的)
田ノ岡宏
元国立がん研究センター
放射線防護基準とリスクコミュニケーション
米原英典
放射線医学研究所
疫学研究の視点から
山口直人
東京女子医科大学教授
誤解だらけのメディア情報
小島正美
毎日新聞生活報道部編集委員

テーマ3

低線量放射線影響の最近の動向
座長 高橋千太郎
京都大学原子炉実験所教授

基調講演「放射線被ばくと甲状腺がんについて
〜これまでの知見を踏まえて〜」
長瀧重信
放射線影響協会理事長
福島第1原子力発電所事故における住民の甲状腺被ばくの線量評価について
杉浦紳之
放射線医学総合研究所緊急被ばく医療研究センター長
閉会の挨拶 
実行委員会 副委員長
 山本 幸佳
(大阪大学名誉教授)