安全安心科学アカデミートップページへ

電磁界
電離界と健康を考えるーWHOの評価からー京都大学生存圏研究所特定教授 宮越順二 (保物セミナー2010)
・「WHO(世界保健機関)による商用周波磁界のリスク評価」  電磁界情報センター所長 大久保 千代次
 
(保物セミナー2009)
「疫学について」 和歌山県立医科大学医学部公衆衛生学教室 教授 竹下 達也 (保物セミナー2009)
「小児白血病について」 大阪市立総合医療センター 副院長 原  純一 (保物セミナー2009)
電磁界と健康 -疫学研究- 東京女子医科大学 教授 山口直人
・科学的検証から電磁界の健康問題を考える  宮越順二
・電磁界と健康-細胞・動物研究-弘前大学大学院 教授 宮越順二

電磁界による健康影響(WHOの報告) 明治薬科大学大学院 教授 
大久保千代次
高周波電磁界について  多気昌生

生物学的側面から見た細胞・分子レベルでの研究  宮越順二

低周波電磁界の影響に関する日本および世界の対応  西澤邦秀

雷雲電界による荷電粒子の加速と放射線の発生 鳥居建男


電磁波の健康影響に関するコーナー (電磁波とは? 電磁波の健康影響Q&A